個人投資家 鈴木らめるの資産運用ブログ

高卒40代兼業サラリーマン投資家です。日本株/米国株/ETF/投資信託の入金投資法で資産運用していきます。

日本空調サービス(4658)から配当金と2019年の卓上カレンダーを頂きました!

おはようございます。鈴木らめるです。

先日、日本空調サービス(4658)から中間配当金と来年2019年の卓上カレンダーを頂きました。

(中間配当金計算書以下画像です)

f:id:cocoaramerukirari:20181215153927j:plain

 

(2019年卓上カレンダー以下画像です)

f:id:cocoaramerukirari:20181215154054j:plain

 

日本空調サービス(4658)について

・独立系の建設設備ビルメンテナンスの大手。空調に強みがあり、維持管理、設備診断、環境診断等のリニューアル工事を提案するサービスを中心に中国にも進出している建設設備のトータルサポート企業です。

 

私がこちらの銘柄を購入した理由は日本空調サービス(4658)はストック型のビジネスであり、着実に安定して成長をしていく会社だからです。

 

関連テーマとして

・ビルメンテナンス

・リフォーム

・院内感染

・太陽光発電

となります。

 

買取取得単価 793円 株価 743円(2018.12.14終値)

権利確定月 3月 / 9月 (株主優待ありません)

予想PER 16.3倍 予想PBR 1.53倍 自己資本比率 55.1%  

1株あたり配当金 11円50銭 配当利回り 3.09%

 

私は100株保有していますので、中間配当金1,150円を頂きました(年間配当金 2,300円)

 

こちらの配当金は同社への再投資資金として使わせて頂きます。

 

また株主優待はありませんが、来年2019年の卓上カレンダーが届きました。

 

現在の株価は下降トレンドに入り、パッとしませんが、ストック型のビジネスの日本空調サービス(4658)は株主還元である安定した配当性向と特殊建築物である病院や研究施設、商業施設(空港、水族館等)の通常メンテナンスに加えて、特殊な環境総合診断に対応出来る独自の強みは魅力的だと思いますので、買い増しも視野に入れています。

 

会社四季報別冊「会社四季報プロ500」2019年 新春号(雑誌)

 

セブン-イレブン受取りなら、送料無料!

 

twitter.com

Twitterでもつぶやいています。ブログの更新情報もお知らせしていきます。