個人投資家 鈴木らめるの資産運用ブログ

高卒40代兼業サラリーマン投資家です。日本株/米国株/ETF/投資信託の入金投資法で資産運用していきます。

保有株含み損益(2019.8.29 現在の資産状況)

こんばんは。鈴木らめるです。

蝉時雨、セミの鳴き声をかき消す雨。株価(木立ち)も蝉の鳴き声のように、うるさいぐらいに売買エネルギーで押し上げて欲しい今日この頃。

 

8月の営業日も明日が最後。月日が経つのはホント早いものですね。昨日28日(水曜日)は8月の権利付最終日でした。

8月と言えば、スーパーや百貨店等の小売り銘柄の本決算や中間決算が集中する月でもあります。8月の優待と言えば、お買物券など普段使いで利用できる割引券等数多く、株主優待の中でも生活に必要な役立つ株主優待を探して、来年こそはゲットしてみてもいいかなと思いました。

 

 

さて、先週の売買は以下の通りです。

 

買い 

SPDR S & P 500 ETF(1557) 

※買戻し

三菱ケミカルホールディングス(4188)

※買い増し

・インヴィンシブル投資法人(8963)NEW

 

売り 

みずほフィナンシャルグループ(8411)

ツカダ・グローバルホールディング(2418)

SPDR S & P 500 ETF(1557)

※一部利確

JXTGホールディングス(5020)

※一部損切り

 

 

資産状況(2019.8.29 現在の資産状況)

含み損益 -168,633円

 

保有株の銘柄の入れ替えはありましたが、23銘柄になりました。少しずつ含み損が減っています(嬉しい)

 

 

相変わらずの夏枯れ閑散相場。下がれば上がる…売りをこなして上がるにはエネルギー不足と日経平均は凧のようにフワフワと方向感のわからない相場が続いています。
閑散状態では売りも出尽くしていることが多く、閑散に売りなしとは言いますが注意が必要です。材料難から、海外の要因から株価が急落したりと左右に影響されやすいので一喜一憂し、無駄な取引はしないようにしたいところ。

 

とは、言うものの、、トランプ砲に注視し、細かく利確しつつ、ついていく取引で気が抜けません…。

 

「利食い千人力」

 

株式投資は「買い」「売り」「動かない」先行きのわからない相場「休むも相場」なんですが、日々の値動きに揺さぶられます。日経平均株価も自律反発しながらも、これから控える消費税増税の消費の落ち込みも含め、景気の先行きが不透明なので上値も重く年内は様子を見つつ、こんな時に上がる銘柄をチエックし、少しずつ仕込みをしていきたい。

 

引き続き、狼狽売りは避け、焦らずコツコツとマイルールに従って微増でも右肩上がりで今年2019年を終われるようにしたいと思います。

 

では8月もラスト1日、頑張っていきましょう!!

 

twitter.com

 

Twitterでもつぶやいています。こちらのブログの更新情報もお知らせしていきます。