個人投資家 鈴木らめるの資産運用ブログ

高卒40代兼業サラリーマン投資家です。日本株/米国株/ETF/投資信託の入金投資法で資産運用していきます。

保有株含み損益(2019.9.12 現在の資産状況)

こんばんは。鈴木らめるです。

今朝は涼しい風とカラッとした日差しに秋の季節を感じました。朝晩は少しずつ涼しくなりそうですね。夏っぽいことしなかった2019年の夏…。


9月も第一週が終わり、先週はダウ平均が逆三尊を形成し、米国レーバーデーの3連休明けに下げました。翌日はダウナス反発、日経平均株価 節目の21,000円台回復しました。売買代金も2億4,000万円台と戻り足。一昨日は、日経平均株価 約9ヶ月ぶりの6連騰となりました。そして本日は、海外投資家買い越し、約1年ぶりの8連騰。問題はメジャーSQ後がどうなるか動向注視ですね。 

  

さて、先週の売買は以下の通りです。

 

買い 

・日本管財(9728)
・NEXT FUNDS 野村日本株高配当70連動上場投信(1577)

 

売り 

三菱ケミカルホールディングス(4188) 

オリックス(8591)

 

配当金

ツカダ・ グローバルホールディング(2418)

JT(2914)

 

合計 8,200円(税引き前) 

 
クオカード
ツカダ・グローバルホールディング(2418)から、500円分

 

総合計 配当金 8,200円 + クオカード 500円分 = 8,700円(税引き前)

 

資産状況(2019.9.12 現在の資産状況)

含み損益 -22,763円

 

保有株の銘柄の入れ替えはありましたが、24銘柄(2019.9.12時点)になりました。少しずつ含み損が減っています(嬉しい)

 

下がれば上がる…日経平均株価も連騰しましたが、引き続き警戒しつつ、無駄な取引はしないようにしたいところ。

 

トランプ砲に注視し、細かく利確しつつ、ついていく取引…。

 

「利食い千人力」

 

株式投資は「買い」「売り」「動かない」先行きのわからない相場「休むも相場」なんですが、日々の値動きに揺さぶられます。日経平均株価も自律反発しながらも、これから控える消費税増税の消費の落ち込みも含め、年内は様子を見つつ、こんな時に上がる銘柄をチエックし、少しずつ仕込みをしていきたい。

 

狼狽売りは避け、焦らずコツコツとマイルールに従って微増でも右肩上がりで今月9月を終われるようにしたいと思います。

 

では今週もラスト1日、明日も頑張っていきましょう!!

 

twitter.com

 

Twitterでもつぶやいています。こちらのブログの更新情報もお知らせしていきます。