個人投資家 鈴木らめるの資産運用ブログ

高卒40代兼業サラリーマン投資家です。日本株/米国株/ETF/投資信託の入金投資法で資産運用していきます。

自分に合った高還元キャッシュレスを見つけて、賢く家計管理しよう!

こんばんは。鈴木らめるです。

今回はスマホアプリを使った話題のスマホ決済についてです。

 

現金決済よりもお得な「キャッシュレス決済」外食チェーンの得な使い方が変わり始めています。

今まではSuica 交通系電子マネーで私は支払いしていました。決済スピードも速いし、何より財布をゴソゴソとお札や小銭を出す必要がなく、手持ちのスマホで簡単にスピーディーに決済できるのですから、使わない手はありません。

 

(以下画像です)

f:id:cocoaramerukirari:20190621202138j:plain

 

「キャッシュレス」は支払いのタイミングと方法が異なります。

 

支払うタイミングは3つ

・Suicaなどの先にチャージする「前払い」

・デビットカードなどの即引き落としされる「即払い」

・クレジットカードなどの翌月以降に請求される「後払い」

 

支払い方法は3つ

・カードリーダーに差し込む「接触型」

・カードリーダーにかざすだけの「非接触型」

・スマホなどのQRコードを見せて読み込む「コード決済」

 

接触型

・「前払い」LINE Payカードなどのプリペイドカード

・「即払い」デビットカード

・「後払い」クレジットカード

 

私はプリペイドカードもデビットカードも持っていませんので、「後払い」のクレジットカードを使用しています。

 

非接触型

・「前払い」電子マネー(Suica、WAON、nanaco等)

・「即払い」デビットカード(iD、QUICPay、VISAタッチ決済等)

・「後払い」クレジットカード(iD、QUICPay、VISAタッチ決済)

 

私はデビットカードを持っていないので「前払い」電子マネー Suica、「後払い」クレジットカード(iD、QUICPay)を使用しています。

 

コード決済

・「前払い」コードを使って残高から支払いする(LINE Pay、PayPay、d払い等)

・「即払い」銀行口座利用の(銀行Pay、Origami Pay)

・「後払い」コードを使ってクレジットカードで支払いする(PayPay、楽天ペイ、Origami Pay)コードを使って携帯料金と合算したり、クレジットカードで支払いする(d払い、au PAY)

 

私は「即払い」以外の「前払い」「後払い」LINE Pay、PayPay、d払いを使用しています。

 

支払うタイミングや方法は自分に合った「キャッシュレス決済」をキャンペーンに応じて使い分けると良いです。

 

割引クーポンは「公式アプリ」でチェックし、獲得し、複数回利用するお店なら各チェーン店の独自の電子マネーを利用すると高還元になります。

 

私は最近、LINE Payの割引クーポンを活用しています。メルペイは出品して購入して頂いた売上の一部でクーポンを使い、コンビニで使用しています。

 

(以下画像です)

f:id:cocoaramerukirari:20190621202318j:plain

 

居酒屋チェーン店でもキャッシュレス決済が続々と対応し、先日はモンテローザグループさんでPayPay決済しました。

ここ最近の居酒屋チェーン店を中心とした話題のスマホ決済に対応する店舗は急増し、今年10月の消費増税では店内飲食が軽減税率の対象にならないこともあり、お得感がある高還元キャッシュレス決済の導入はまだまだ加速して増えていくはずです。

 

www.stockinvestment0720.com

 

まとめ

キャッシュレス決済はスピーディーで楽ちんですが、使い過ぎに注意。「後払い」で使い過ぎてしまう方は「前払い」か「即払い」が良いと思います。効率性を重視する方は「非接触型」を使用するなど、自分に合った「キャッシュレス決済」を見つけていきましょう!

 

(以下画像です)

f:id:cocoaramerukirari:20190621202534j:plain

 

最後に

私はd払いによるコード決済をして、dポイントを貯めてdポイント投資をしています。年金問題が世間を騒がせています。投資をお考えの方はまずポイントによる投資体験から始めてみてはいかがでしょうか。

 

(以下画像です)

f:id:cocoaramerukirari:20190621202501j:plain

 

dポイント投資とは…下記の過去記事も合わせてご覧くださいませ。

www.stockinvestment0720.com 

 

twitter.com

Twitterでもつぶやいています。ブログの更新情報もお知らせしていきます。